★ ようこそ 小倉医療センター 看護部へ ★

小倉医療センター看護部の理念
● 安 心 ● 安 全 ● 信 頼

  • 地域住民の皆様から、より一層信頼されるよう努力していきます。

平成30年度 看護部管理目標
   ★ 看護の力を高め、自己力・組織力・連携力を強める ★

T.看護の力を高め、看護サービスの質を向上する
1. 看護必要度の精度を高め、重症度割合が確保できるように取り組む
2. ACTyナースVer.2を確立し、キャリアラダーでの成長を促す
3.在宅支援をおこなう退院調整看護師の活用および、退院支援の強化を図る
4.認知症ケア看護師の育成と活用を推進する
5.カンファレンスの充実(倫理カンファレンス・デスカンファレンス・事例検討など)を図る
6.ICにおける看護の役割を発揮し、患者や家族の意思決定支援を行う
7.リソースナースを活用し、専門性の高いケアの提供を行う
8. よりよい看護職員確保のためにプロジェクトを立ち上げ、就職説明会等の刷新を図る
9.医療安全文化の醸成を図り、患者の安心・安全を担保する
U.自分の役割や言動に責任を持ち、自己力を強める
1. ひとりひとりが自己を認め、他者を承認し、お互いを伸ばす職場環境を整える
2.働き方改革を考慮した勤務時間管理と休暇の取得推進を図る
3.看護記録に費やす超過勤務の削減を図る
V.組織力を強めて、第三者評価を受ける準備をする
1.新外来管理棟への円滑な移行ができる
2.病院機能評価を受ける準備を進める
3.組織理念に基づいた役割を各部署で遂行する
4.チーム医療の中で看護の専門性を発揮し、チーム医療の推進役となる
W.病棟・外来・多職種・地域との連携を推進し連携力を強める
1. 外来・一般急性期・地域包括ケア病棟間の情報連携を密にして、スムーズな患者受け入れを
  確保する
2.退院前カンファランスや退院前訪問・退院後訪問の促進を図る
3.多職種とコミュニケーションを深め、患者の情報を共有する
4.地域との連携を深め、院外活動を推進する
X.看護職員の経営的視点を育て、更なる経営改善に参画する
1.地域包括ケア病棟の活用と一般急性期病床の稼働率80%以上を確保する
2. 診療報酬改定後の必要な知識や情報を看護職員が理解する
3.請求漏れ防止対策の実施と加算に向けた工夫を行う

よろしくお願いいたします
看護部長 音成 佐代子


今年度も小倉医療センターの看護師は真摯に医療に向き合います


小倉医療センター 看護部 看護師長会です。
各年毎に団結力を増して、看護部を支えています。
どうぞよろしくお願いします。

平成30年度 看護師長会
 
平成29年度 看護師長会
 
平成28年度 看護師長会
 
平成27年度 看護師長会
Page Top